スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長らく放置してしまっていたこちらのブログですが、ホームページを開設したので今後はこちらをご覧になっていただけたら幸いです!

http://www.sanae-violin.com/

今後ともよろしくお願いいたします。

時本さなえ
スポンサーサイト

グローバリズムって。と、コンサートのお知らせ

ほんっとうにブログ更新久々になってしまいました。。。

やはりTwitterやFacebookでほとんど事足りてる感じで、、そういったSNSはやられてなく、ここのブログを読んでくださっている方(そんな奇特な方がいらっしゃるのだろうか??)がもしかしたらいらっしゃるかもしれないので、久々の更新をしてみます。

もう新しい年が始まって二ヶ月が経とうとしていますが、世間での話題といえばちょっと前まではゴーストライターのことで、今はオリンピック、特に浅田真央選手の素晴らしいフリーでのパフォーマンス、といったところが記憶に新しいでしょうか。


ゴーストライターさんの件は、まあ、黒幕さんがワルだのう、ということと、ゴーストライターしていた作曲家の先生の、本気出したガチンコの作品は存じ上げないのですが(私はちょろっとゴースト作品?を聴いたことしかなくて、それ自体は、んー?という感じでよく分からなかった)、やはり日本ではクラシックの新作は発表するにも作曲家の手弁当でなされることがほとんどで、仕事としてはまわっていかないし、そもそもすっごい作品はもう天国に行っちゃった作曲家達がゴマンと残してくれているので演奏家もあんまり興味を持ってないこともあるし(欧米はまた違う様子です)、興味を持てる面白い作品ももちろん生まれているのだけれど聴衆はそれを望んでいるのか、、等、色々難しい面があり、単にゴーストライターはいかん、というのを越えて日本での音楽のあり方って…と考えてしまいます。


1番理想的なのは、良いものが専門家から一般の方にも受け入れられる、という真っ当なあり方ですけどね。良いものには正当な評価と、活動のための資金がいき渡らないと。

良くてもインパクトが無いと売れない⇨インパクトのある売り方をしよう⇨実力は後回し
という流れって、どの世界にもあるんでしょうけど。。

いやいや、それにしても楽しいニュースではないし、私個人としてはあまり突っ込んで考えるのも疲れるし、ゴーストライターのニュースへの興味は薄れていっている( ̄▽ ̄)


それよりも真央ちゃん~

勝ち負けではないってことを皆に教えてくれたと思うし、ピュアな心を持ったままでも強くなれる、ということを体現してくれたんじゃ

日本だけではなく、世界中の人に感動を与えてくれたと思いますが、こういうのが本当のグローバリズムだなと思いました。

グローバル社会と言われて大分経ちますが、、一方でそれは

強い企業が見事な戦略でもって世界中の顧客を取り込んで勝ち上がっていく

という面も表していますよね。


素晴らしいものを共有できるボーダーレスな社会もグローバルなら、そっちの方が楽しそうですけど。。


ということで??、ヨーロッパの文化も素晴らしいし、日本の地方に根ざした文化もすごいよ、というコンサートを開きます


日本には地域に根ざした民謡があります。それは演歌とは全くコンセプトが違っており、自然に対する人々の想いであったり、そこで働く人々のために歌われていたものです。

私の故郷の鳥取にも「貝殻節」という有名な民謡があり、漁船を漕ぐ船乗りが歌っていたのが元々のオリジナルだそうです。

それをピアノトリオに編曲していただいたものを演奏させていただくのですが、西洋音楽とは違うリズム感、躍動感が弾いていてもとても楽しいです。DNAが喜んでいる感じ?笑


そして西洋音楽のほうですが、バロックヴァイオリンでのバッハです。
無伴奏ソナタ1番より、アダージョとフーガ。
正直、ちゃんと取り組むまでは、難しい曲だけれどなんとかなるだろう、という感じでしたが…これはシャコンヌよりも難しい!
シャコンヌも難しいけど!!

ハゲそうになりながら取り組んでおります。天才の作った作品は偉大で恐ろしいです。


その他のプログラムは、ピアノやチェロでの小品、ソロ、デュオ、写真とのコラボでハイドンのピアノトリオなど、盛りだくさんです。

(ここだけの話ですが、ホールの響きとしては後ろの方のお席のほうがオススメです!)


鳥取市、わらべ館イベントホールにて
3月28日 18時開場18時半開演。
入場料 大人1000円、学生800円
チケットお問い合わせはブログのメールフォームからでも、直接時本までご連絡いただいても手配いたします。


せっかくバッハに取り組んでいるので、大阪でもバッハ弾かせていただきます。


高槻市、クロスパル高槻 8Fイベントホールにて
3月23日 14時開場14時半開演。

こちらはどなたでもフラっと起こしいただいてもお聴きいただけます。

鳥取でのコンサートのためのリハーサルも兼ねていますが、しっかり集中してバッハの作品をお伝えできればと思います。


ではでは、気温変動が激しいこのごろですが、皆様体調には気をつけてまいりましょう!
なんでも、ハーブ類や香味野菜を取り入れると、移ろいやすい今の季節の調整ができるそうですよ!

冬ですね

このブログの更新が滞ってしまいすみません。どうもFacebookやらのほうが簡単に近況をお知らせできるので、ここから遠ざかってしまっています。

いつもバタバタしているワタシですが、師走はさらにドタバタしております。
とにかく、楽器が理想通りに弾けないことが一番悲しく落ち込むことなので、用意しないといけない曲達に日々コツコツ取り組みながら、忙しい日々を乗り切ろうと思います。

それにしても、本番が続くと、本番前々日などでもその本番の曲意外の曲も練習しないといけないし、なかなかペース配分が難しくなりますよね。皆その辺どうやってるんやろう??

あと、忙しい時ほど日々の睡眠、食事、それとお部屋の片付きさ加減が心身に影響するので、とにかく真面目にやる?生活自体も…というのが結局は大事よね、、とおもいます。



ではでは皆さん、師走を乗り切りましょう〜!!>_<

再会

皆さん、鱗雲がキレイなこのごろですがお元気ですか?🍀


私は短いですが久々に旅に出ることができてエネルギーチャージできましたo(^▽^)o

いつもいる場所からひととき離れるって、いろんな面でとても大事なこと、と感じています。



さてさて、今回の旅は二度目三年ぶりの福岡!

去年、イタリアの小さな小さな美しい街で二週間音楽漬けの素晴らしい日々…マスタークラス&コンサートの中心にいたのがバロックヴァイオリニストのパイオニアであるシギスヴァルト氏でした。

彼の通奏低音を聴きながらオペラとシンフォニーを毎日リハーサルして、合間の時間にはアンサンブルに混ぜてもらい、さらにはソロのレッスンもしてもらい…三度の食事も皆で同じ釜の飯、ではなくパスタを食べ(笑)

そこで彼に言われたアドヴァイスは、その後ずっと私にとって宝物のようになっていました。




なのでこの夏シギスヴァルトが来日!福岡に!と分かり、とても嬉しかったです。


最初は、無伴奏の何かか、チェンバロとの曲でも一人で弾いて、シギスヴァルトに通奏低音を弾いていただいたら、なんとかなるさーと思っていましたが、直前に同じ関西圏にお住まいのチェンバロ奏者の山名さんが一緒に弾いてくださることになり、バッハのチェンバロとのソナタを持っていくことができました。


レッスン内容を文字に起こすのは大変なので省略しますが、本当に福岡行って良かったです。
彼の音楽、美意識を去年以上に感じることができました。やはり、素晴らしい方には回数重ねて教えを受けないといけないのかも。。


一番気になっていた、まっとうな表現力のある演奏、と、自己顕示欲が見えちゃうエゴな演奏、との違い。

これも今回、彼の言うところのエゴとは何なのか、私としても前よりも見えてきた感覚があります。

(そうそう、先日、BSの番組で堂本剛君が色々な人に会うという番組の中で、刀匠の河内國平さんが、作品に自分を込めたらあかん。そんなんしたら刀も曲がるわ。芸術は存在してるけど、芸術家なんてもんはおらん。とおっしゃっていて、先生のおっしゃっていることと同じ!Σ(゚д゚lll)とびっくりしました。BSだし、観られていた方はあまりいらっしゃらないかも??とても素晴らしい番組でした。ジャニーズ、小学生のころからスルーしてきましたけど、剛くんはなんか気になるんですよね!)



ただここで気をつけたいのは、人間は皆違うということ。そして変化し続けるということ。

あまりにも素晴らしいレッスンを受けて、コンサートで沢山演奏を聴いても、今後の目標を(例えばですが…)少しでもシギスヴァルトみたいになれるように頑張ろう!と固定してしまうのはなんだかとても違う、とも思います。


私自身もエゴの演奏はしたくない。楽譜から自分なりに素晴らしいものを抽出したい、と思っていても、将来どう感じるようになるかは誰にも分からないし、そもそも何がエゴか、それ自体がもしかしたら好みの問題、という可能性!だってあるかもしれません。


やはり基本は、、毎日なるたけ自分に恥ずかしくないように生きて、楽しく真剣に音楽と向き合って、その結果が出てくる音になるわけで。



素晴らしい先生が教えてくださったことをしっかり胸に刻んでいくということと、自分に対して誠実に演奏するということはけして矛盾することではないと、そんな風に思っています(*^^*)



さてさて、レッスンも終わり、後はクイケンファミリーのリサイタルを残すだけとなりましたが、私、とてもアホでチケットを取れなかったのです。。

早々にソールドアウトになっていた事にも気づかず、コンサートの一週間ほど前にチケット予約しようとしたところ、「えーっと、あのぅ、ソールドアウトですよ…(あなた今頃…??)」、というお電話をいただくという😱



そんな私に人間がでっかい先生はとても優しく、リハーサルの見学を了承してくれた上に、ホールスタッフの方になんとか私が本番でも客席に入れないか掛け合ってくださいました。。
結果、ソールドアウトもソールドアウト。通路にも補助椅子をギッチリ出すほどの満席でムリ!とこのと。
ただ苦肉の策として、子連れではないのに親子室に無料で入れるように考えてくださいました!


そのリハーサルはとても素晴らしく、特に弱音の美しさにノックアウトでした。

どうか、いつまでもお元気でステージに立たれてください!と、祈らずにはいられない演奏。。


コンサートではビオラ奏者でもある先生の奥様にもお会いでき、「アナタがこの一年でとても成長したとシギスヴァルトが言っていたワヨ」とコメントをいただき、今取り組んでいることの方向性は悪くはないのかな、と、少しだけホッとできたのもありがたかったです>_<



そうそう、福岡は本当に人が親切!ご飯が美味しい!!🍙🍲🍜

魚介類が豊富!


なんでもないお味噌汁まで絶品で、思わずお店の方に秘密を聞いたほど(笑)


板前のおにーさん、企業秘密をナイショで教えてくれるかのような緊張感のある顔つき&小声で、味噌は麹の合わせで、大根おろしの絞り汁を加えます、だって!
皆さんもお試しあれ~


お造り、博多うどん、博多ラーメン、もつ鍋、明太子、食べ尽くしました!!ヽ(;▽;)

image_201309241130275e3.jpg





最終日は太宰府まで足をのばして、天満宮にお参りしてきました。今年受験生の生徒ちゃんにお守りをゲット😘


image_2013092411483144a.jpg









Steven Isserlis

皆様こんにちは(^.^)

数日前に降った大雨から、ここのところ大阪はとても涼しいです。

こないだまで最高気温が40度近いとこまで上がるのが当たり前だったのに、急に日中でも30度に届かないまで涼しくなってくれて、キツネにつままれてる状態。。
八月なのにクーラー点けずに練習できるなんて!

また近々暑さはもう一度二度ぶり返すでしょうから、暑さ対策と冷え対策の見極めが難しい季節ですね^_^;


さて、そんな中私はそれなりに元気です。
時々暑さでグッタリはするんですが、さあやるぞ!という場面では元気になるタイプ。


来月の福岡古楽音楽祭の公開レッスンに用意しているバッハ二種が取り組み始めるのが遅くて今頃アタフタしていたり、ずっと譜読みしたかった現代音楽をさらったり、オケの譜読みも、、はたまた生徒ちゃんのコンクールシーズンなので指導&舞台姿見に行ったり…

親バカ(先生バカ)かもしれませんが、、客席で聴く生徒ちゃん達の演奏は、音色がまろやかで伸び伸び弾いていて、もちろんミスや課題はあるものの…音楽家にとってとても大事な、人の心に届く演奏ができる素質が見える〜とひとまずホッとしました。

子供にコンクールに参加させる是非は難しい問題ですが、素晴らしいホールで演奏ができる得難い機会と、音楽を点数化してしまうことを天秤にかけて、私は生徒ちゃんによっては参加はアリ、としています。


さてさて、そんなこんな中、今夜は大阪のNHKホールにチェリスト、イッサーリスをソリストに迎えての、アジアユースオーケストラの公演に行ってきました。


チェロ弾きの弟と、月末のコンサートで弟の伴奏をしてくれるフランス在住の後輩ピアニストちゃんと三人で行きました。
弟と、イッサーリスはガット弦だから、ユースオーケストラ(みんなスチール弦だろうし)の力強い音色との共演だと音がかき消えてしまうんじゃ?と心配しつつ。


結果…


確かにスチールとガットの音色はだいぶん差があって、バランスその他は色々気になったし時々うゎっと思う箇所もあったけど、あの素晴らしい演奏にそんな問題は吹き飛んだわ!

という感じです。


すごい音楽家の演奏を説明しようとしても、小説家でもない私には難しい…!

そりゃ、右手、右腕の動きがすごく柔らかい上に弓と弦が吸い付くのがスゴイ、とか、弱音での表現力がスゴイ、とか、リズム感が絶え間無く躍動してる、とか、部分的に褒め称えることもできるんですが、なんだかそんな問題ではなく、全体像として何がどんな演奏やねん!と聴かれてもうまく答えられません。


ただ、それでもハッキリ言えるのは、


このヒトは、一般的な世界とは違う次元を見つめている



ということです。


色々なことから、もう解き放たれていました。



素晴らしい音楽を生み出せるチェロ弾きが、ホールいっぱいに素晴らしい音楽を響き渡らせて、聴きに行っていたお客さん達はエネルギー満タンになりました



と、言葉にするととてもシンプルなこと。


でもすごいこと。


経済中心の現代社会にでさえ、音楽家が世の中に必要とされる理由です。


そうそう、今日のドボルザークが素晴らしかった理由の一つに、イッサーリスがアジアユースのメンバー達にとっても深い愛情を持ちつつ演奏していたということがあると思います。

共演者への愛情や敬意というものは、演奏そのものにも出るのですよね!



アンコールの鳥の歌も凄かったし、これで明日からも頑張れそう〜\(^o^)/

自己紹介

時本さなえ

Author:時本さなえ
ヴァイオリン弾きの時本です。


現在は関西を中心に、時々鳥取でも演奏活動をしていて、後進の指導にも力を入れています♪

コンサート情報
♪どのコンサートも基本的にはメールフォームにてご予約可能です♪



☆2014年☆

11月24日、京都のバロックザールにて、室内楽のコンサートに出演いたします。ベートーベンの初期のピアノトリオです。詳細は後ほど!

9月27日、鳥取市わらべ館イベントホールにて、モーツァルトのソナタ等を弾かせていただきます。

8月24日、鳥取市、わらべ館イベントホールにて、バッハの無伴奏等弾かせていただきます。こちらは無料でどなたでも聴いていただけます。

8月9日、大阪島本町にあるケリヤホールにて、夏のおんがくかい、に出演させていただきます。(←無事、終了いたしました)

5月20日、大阪の音楽サロン、ノワ・アコルデにて19時より、カルロ・フォルリヴェジ氏をお招きして、イタリアからの風、というバロックメインのコンサートに出演させていただきます。(←無事、終了いたしました)

5月17日夙川カトリック教会にて14時〜、ビバルディ四季の全曲を古楽器で演奏するコンサートに参加させていただきます。(←無事終了いたしました)

3月28日鳥取市わらべ館イベントホールにて、ピアノトリオのコンサートを開催いたします。詳細は後ほど!

☆2013年☆

♪♪♪1月10日、奈良県桜井市市役所ロビーコンサートでのランチタイムコンサートに出演させていただきます。(←無事終了いたしました)

♪♪♪8月17日、島本町ケリヤホールでのピアノ発表会にてゲスト演奏させていただきます。バッハの無伴奏の予定です。

♪♪♪12月11日、12日共に、大阪北浜にある三井住友銀行大阪中央支店にて、カルテットでのクリスマスコンサートを開きます。どなたでも聴いていただけるものです。 両日とも12時半〜の第一部と、13時半〜の第二部の2ステージです。

☆2012年☆

♪♪♪3月11日、鳥取市のわらべ館にてファミリーコンサートを開催いたします。←無事終了いたしました

♪♪♪3月25日、ムラマツリサイタルホールにて、ピアノ発表会のゲストとしてバロックヴァイオリンを演奏させていただきます。←無事終了いたしました

♪♪♪3月31日、大阪市のプチエルにて、『音のパズル』というコンサートを開きます。打楽器やヴァイオリン、ピアノでのアンサンブルです。バロック無伴奏も弾きます。無事終了いたしました

♪♪♪4月11日、三宮のピアジュリアンにて、震災を経て音楽家に何ができるのか、をテーマにした古楽工房アンサンブルのコンサートシリーズの4月の回に出演させていただきます。この4月の回には無伴奏ソロも一曲弾かせていただきます←無事終了いたしました。

♪♪♪5月10日、奈良県桜井市の市民会館ロビー、ランチタイムコンサートに出演します。『情熱のバロック』というタイトルで無伴奏のみのコンサートです。無料です!12時15分から12時45分までです。無事終了いたしました!

♪♪♪ITC奈良クラブの就任式にて、ミニコンサートをさせていただきます。無伴奏ということなのでバロックのプログラムの予定です。こちらは関係者の方々のみのお式になっております。無事終了いたしました!

♪♪♪8月2日、兵庫県芸術文化小ホールにて、20分ほどピアニスト村上優さんとデュオなどを弾かせていただくことになりました。詳細は後日アップいたします。無事終了いたしました!

♪♪♪8月5日、奈良県郡山市の郡山城ホール小ホールにて、つばさの会主催のコンサートに出演させていただきます。ソロやヴァイオリンデュオなど。詳細は後日アップいたします。無事終了いたしました!

♪♪♪10月21日、高槻市の高槻現代劇場中ホールでの、高槻音楽家協会第36回定期演奏会にピアノトリオで出演させていただきます。13時半開場、14時開演です。一般2000円、シルバーと学生1000円です。





☆2011年☆

♪♪♪ 1月23日、トントレフ・ヒコにて村上優さんとのジョイントコンサートを行います。チケットご予約はメールフォームにてお願いいたします。(←無事終了いたしました)

♪♪♪ 8月20日、島本町ケリヤホールで開催されるピアノ発表会にゲスト演奏、賛助出演させていただきます。ピアニスト吉久夏子さんとの共演予定です。無料でどなたでもお越しいただけます。(←無事終了いたしました)

♪♪♪ 8月28日(日曜)、鳥取市にある紅茶専門店『ダウラ』さんにて、コンサートを開きます。2千円でこだわり紅茶、ケーキ付き。弟のチェロと母親のピアノも加わって盛りだくさんなコンサートです。(←無事終了いたしました)

♪♪♪ 10月30日、高槻市の音楽サロン、歌笛堂さんのご協力を得てチャリティーコンサートを開きます。入場料は一律二千円になっております。要予約です。

♪♪♪ 11月27日、高槻市の生涯学習センターにてサロンコンサート出演。ブラームスのピアノトリオです。無料のコンサートです。

12月10日、トントレフ・ヒコにて、第42回現代音楽作品の夕べに出演させていただきます。16時開演です。

☆2012年☆

♪♪♪ 3月11日、鳥取市、わらべ館にてコンサートを開催いたします。詳細は決まり次第お知らせいたします。

☆2010年以前のコンサート☆

♪♪♪1月8日、心斎橋大丸8階セッティモアンジュにてライブ出演。←[無事終了しました]

♪♪♪ 1月17日、大和高田市さざんかホールにて女声コーラスアンダンテのコンサートに賛助出演します。[←無事終了しました]

♪♪♪ 3月19日、高槻稲穂塾コンサート。10時より[←無事終了しました]

♪♪♪ 3月28日、奈良市にある蔵カフェ、「ろくさろん」にてジョイントコンサート。[←無事終了しました]  

♪♪♪ 5月9日、奈良女子大佐保会館にて、ピアノコンサートのオープニングで演奏します。[←無事終了しました]

♪♪♪6月6日、天理市文化センターにて、ピアノ発表会に賛助出演します。←[無事終了しました]

♪♪♪ 6月27日、高槻市生涯学習センターにてサロンコンサートに出演。バロックヴァイオリンの無伴奏です。14時半より。無料です!←[無事終了しました]

♪♪♪8月29日、島本町ふれあいセンターケリヤホールにて、ピアノ発表会に賛助出演します。モーツアルトのソナタ等々。←[無事終了しました]

♪♪♪ 10月17日、高槻現代劇場にて高槻音楽家協会定期演奏会に出演させていただきます。ツィゴイネルワイゼンです。チケットご予約はメールにて受付中です。。←[無事終了しました]

♪♪♪12月4日、鳥取市の文化ホールにて、ピアノのジョイントコンサートに出させていただきます。←[無事終了しました
プロフィール
神戸山手女子高校音楽科を経て、大阪教育大学芸術専攻音楽コース、同大学大学院芸術文化専攻音楽表現コースで学ぶ。在学中、大学オーケストラと学内演奏会で共演する。

2007-2008年、ハンガリー国立リスト音楽院でV.サバディ氏のもとで研鑽を積む。2009年、氏と大阪で共演する。

2000年、スイス、シオンにてI.ギトリス氏の、2008年、ハンガリーショプロンにてS.スタンデイジ氏のマスタークラスを受講。 2012年、イタリア、コレベッキオでS.クイケン氏主催のオペラとシンフォニーのマスタークラスに参加し、レッスンを受けながら同地でのコンサートに出演した。

2008年、ブダペストでの春の音楽祭や、2011年、インドネシア、ジョグジャカルタでの室内楽フェスティバル等で演奏。インドネシアでは地元の大学生へのマスタークラスも開き、好評を博す。



第9回高槻音楽コンクール、一般の部第二位。 第12回大阪国際コンクール、アーリーミュージックの部第三位。

現在は、関西を中心にモダンヴァイオリンとバロックヴァイオリンを演奏し、後進の指導にもあたっている。

モダンヴァイオリンを稲垣琢磨氏、V.サバディ氏らに師事。バロックヴァイオリンを渡邊慶子氏、S.クイケン氏、宇田川貞夫氏らに師事。

Sanae Tokimoto violin

She started studying the violin at age of 3.

After she graduated from the Music course of Kobe-Yamate Girls' Senior High School, She studied at The Music and Fine Arts course of Osaka Kyoiku University, and she studied at same University graduate school.The course is Music and Fine Arts Studies.

She took Art's master degree.

1999 She played Bruch Violin concert with Osaka Kyoiku University Orchestra.

2002 She held her first recital at Tottori city.

2004 She won 2nd prize of Takatsuki Music Competition.

2007 She won a prize of Tokyo summit Competition.

2011 She won 2nd prize of Osaka International Music Competition by baroqe violin.

2007-2008 She furthered her mastery at the List Academy of Music at Budapest, Hungary.

She performed at Budapest, solo and ensemble player.

2008 She held Return concert at Nara city Japan.

2009 She played with Szabadi Vilmos at Joint concert at Osaka.

2010 She held Joint concert with Yu Murakami at Osaka.

She took many master course at Europe and Japan. For example,Ivry Gitlis at Swiss by modern violin,Simon Standage at Hungary by baroque violin, Keiko Watanabe at Japan by baroque violin. Now, she is active as violinist, baroque-violinist, and violin-teacher.
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。